相続放棄の各種情報

1.相続放棄できるかの判断

相続放棄をしようとする際、家庭裁判所にその申述が受理されるかを不安に感じる方も多くいらっしゃいます。けれども、家庭裁判所での実務において、相続放棄は実質的な要件を欠いていることが明白である場合に限り、申述を却下するとの取扱いがなされています。

1-1.家庭裁判所における相続放棄の申述受理の審理について

2.相続放棄ができる3ヶ月の熟慮期間の始期

相続放棄が出来る期間は法律により、「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、単純承認、限定承認、または相続放棄をしなければならない」と定められています(民法915条1項本文)。この3ヶ月の期間(熟慮期間)がいつ開始するのかが、相続放棄が受理されるか否かを判断するために極めて重要です。

2-1.相続放棄が出来る期間(3ヶ月の熟慮期間の始期)

2-2.特別な事情がある場合

3.法定単純承認(相続財産の処分など)

相続財産の処分、熟慮期間の経過、相続財産の隠匿などにより、相続人は単純承認したものとみなされます(民法921条1号)。

法定単純承認の効果が生じたときには、相続の開始から3ヶ月間の熟慮期間中であったとしても、その後に相続放棄することはできなくなります。そのため、相続放棄ができるかどうかを判断するのにあたり、どのような場合に単純承認したものとみなされるのかの解釈が非常に重要となることがあります。

3-1.法定単純承認について

3-2.相続財産の処分と法定単純承認

3-3.相続開始の事実を知らずにした相続財産の処分

4.関連ページ

相続放棄手続きガイド(相続放棄の情報と知識)

Twitter