Press Release

昨年(2015年)の相続放棄のご依頼件数

  • 2016.1.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年1年間で当事務所が書類作成し申立てをおこなった相続放棄手続きは59件でした。2014年の49件よりも少し増えています。このウェブサイトを作成したことにより、相続放棄手続きのご依頼件数が年々増加しています。事務所のある千葉県松戸市の周辺地域だけで無く、東京都、埼玉県、茨城県、神奈川県と広範囲にお住まいの方からのご相談が多くなっているからでしょう。

司法書士や弁護士が大勢いる大事務所は別として、司法書士1人と事務スタッフのみの小さな事務所が、1年に50件以上の相続放棄手続きを取り扱っている例は他にほとんど無いはずです。すべてのご相談や裁判所への申立てについて、司法書士高島一寛が責任を持っておこなっていますから、それだけの実務経験が蓄積されているわけです。

弁護士や司法書士でも、必ずしも相続放棄についての正確な知識を持っているとは限りません。とくに、相続開始(被相続人の死亡)から3か月経過後の相続放棄手続きでは、「今から申立てをしても受理されるわけ無い」とか、「たぶん無理だけどイチかバチかでやってみるしかない」などと言われたとのお話をよく聞きます。

当事務所ならばどんなケースでも相続放棄が認められるというわけではありません。しかし、当然に受理されるべきケースであっても、最初に相談した弁護士や司法書士に駄目だと言われたため諦めてしまっていることも多いはずです(くわしくは、3ヶ月経過後の相続放棄のページをご覧ください)。

相続放棄については、専門的な知識を持ち数多くの申立てを取り扱っている事務所に相談するべきです。千葉県松戸市の高島司法書士事務所へのご相談については、ご相談予約・お問い合わせのページをご覧ください。また、相続放棄をご検討の方は、相続放棄の基本(最初にお読みください)のページもぜひお読みください。

Twitter